ブログ

迫桜生の活動報告

写真部の地域連携活動

 昨年度に引き続き、コロナ感染拡大により展示や観覧を控えることが多い中、生徒の作品を多くの方に見ていただくために展示の機会と場所を模索していました。CSR活動(Corporate Social Responsibilityの略語:地域貢献活動)をしたご縁があり、「トヨタカローラ宮城」様に相談したところ築館店のご理解とご協力をいただき、今年度より写真部生徒の作品を店内に展示していただくことになりました。

 

「トヨタカローラ宮城 築館店」   栗原市築館字留場桜22

 

 店内に入ると正面左側に写真部の作品4点が展示されています。

 今回は宮城県高文連写真展のために撮影した写真を中心に展示しました。

 早速、卒業生や部員の保護者などが来場していますが、一般のお客様からも好評をいただいているとのことです。トヨタカローラ宮城に高校生の作品が展示されていることは意外な組み合わせでありますが、今後も地域性があるものや撮影技術を凝らした作品などを展示していきたいと思います。

 

 それぞれの作品には撮影者の氏名やコメントなども掲載されています。写真のこだわりや撮影ポイントなどを見ていただいて、撮影者の意図を考えるのも面白いと思います。今後も継続して展示していきますので、次回をお楽しみに!!

若柳夏祭り丘絵灯ろう制作ボランティアに行ってきました!

  栗原市若柳夏祭り流灯花火大会は,コロナウィルス感染症の影響により残念ながら今年度も中止となりました。その中でも,若柳金成商工会青年部の皆さんは明治35年から続く伝統ある若柳夏祭りに思いを馳せ,絶やさないために今年度は絵灯ろうを河川敷きで点灯することとしました。長い歴史と伝統ある夏祭り,子供たちに夏の思い出として少しでも夢と希望を届けたいと考えたそうです。

 その熱い思いに共感し,私たちの思い出にも残っている「夏祭り」を絶やさないためにも丘絵灯ろうの制作に協力してきました。

【活動の様子】

 

 青年部  丘絵灯ろう担当の菅原さんより,若柳地区での灯ろうのはじまりから説明をいただきました。お盆の灯籠流しは亡くなられた方の弔いのために行っていますが,年々規模が大きくなり,迫川に多くの灯ろうを流すことになったそうです。灯ろうには町内の小・中・高校生が作成した絵を飾っていましたが,濡れたり,沈んだりする姿に心を痛めていたそうです。また,流すことでゴミ化してしまうという問題にも直面しました。そこで,平成26年に丘絵灯ろうとして迫川の河川敷に並べることを考え,環境に配慮した「夏祭り」がスタートしました。

青年部  丘絵灯ろう担当の菅原さんより,若柳地区での灯ろうのはじまりから説明をいただきました。お盆の灯籠流しは亡くなられた方の弔いのために行っていますが,年々規模が大きくなり,迫川に多くの灯ろうを流すことになったそうです。灯ろうには町内の小・中・高校生が作成した絵を飾っていましたが,濡れたり,沈んだりする姿に心を痛めていたそうです。また,流すことでゴミ化してしまうという問題にも直面しました。そこで,平成26年に丘絵灯ろうとして迫川の河川敷に並べることを考え,環境に配慮した「夏祭り」がスタートしました。

 

 丘絵灯ろうに使用する絵をラミネート加工します。 この絵は,栗原市内の幼稚園児のみなさん,小学生の皆さんの作品です。子どもたちが大好きなものや,将来の夢を描いているものです。 失敗しないよう慎重に慎重に作業を行います。

 次に,ラミネート加工を行います。きれいに色づけしているので手を止めて見入ることも時々ありましたが,丁寧に丁寧に。

 

 ラミネート加工したものを丘絵灯ろうの木の枠にビス留めします。きれいに貼るためには対角線上にビス留めすることで,しわがなく貼ることができます。

 雨の時,ロウソクに火がつかないという問題も絵灯ろうがはじまったときからの悩みであったそうです。解決策を模索しているときに,ソーラーライトの案がでてきました。コストが掛かるが長い目で考えればエコであり,火を使わないことで風の影響も受けず,火事の心配もなくなりました。

点灯・消灯の手間もなく,暗くなると一斉に点灯することで,新しい夏祭りの姿となりました。日中に子供たちが描いた絵を鑑賞し,夜は灯ろうが灯す暖かな光を見て日中とは違った絵を鑑賞することができます。丘絵灯ろうの光はあなたの心をきっと癒してくれるはずです。

迫桜高校 書道部も絵灯ろうに参加しています。

書道で作った灯ろうは一段と暖かく幻想的な光になるそうです。

先人たちへの愛と感謝,供養・コロナウイルスの終息を願って8月1日から8月16日まで若柳河川公園で点灯されます。

迫桜miniフェス2021

 今年度、迫桜miniフェス第2弾を開催しました。

 コロナ禍で今年度も支部総文祭の開催は中止となりましたが,美術専門部については

6月25日(金)~27日(日)登米市祝祭劇場を会場に実施されました。受賞した作品もあり,

美術部の生徒が中心となってフェスを開催することができました。

 

 左側絵【優秀賞】(題:最後の衝撃 2年 岩渕未来さん)

中央絵(題:「津島神社」2年 伊藤あかりさん)

 右側絵【優秀賞】(題:ジルコニウム色の空 2年 岩渕未来さん                    

登米市内の住宅街 電線を細い線を表現することが難しく,マスキングテープに色を塗り細く切って電線を作成し,電線の書き方や工夫点など多くの質問が出た模様です。

 

右側絵【優秀賞】(題:五十塔 2年 佐藤優太さん)

 仙台市青葉「定義山」五十塔 屋根の表現がとても難しかったようです。

 

くりこま高原駅の花壇植栽

 くりこま高原駅は宮城県県北全域から自家用車で当駅へ来て、仙台・東京方面へ向かう旅客が多い。利用状況についてはJR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は1,010人です。これから夏に向けて観光を目的とした利用者が増えることが予想される。その中でも,栗駒国定公園の主峰である栗駒山(くりこまやま)は、標高1,626m、東北地方の中央に位置し、宮城・岩手・秋田の三県にまたがる栗駒山は円錐状の裾野をもつコニーデ型の火山です。奥羽山脈の女王とも呼ばれます。

花の百名山としても知られ、150種もの高山植物が群生し、日本屈指の山岳紅葉、山毛欅の原生林、魅力的な温泉、そして登山初心者から上級者まで楽しめる登山コースを有するため、一年を通して多くの方が訪れる魅力あふれる絶景地です。

「日本百名山」を著した深田久弥は、その後書きの中で、「東北では秋田駒ヶ岳と栗駒山を百名山にいれるべきであったかもしれない」と述懐している隠れた名峰です。

 

 県北の玄関口でもある「くりこま高原駅」ベコニアと越冬したブルーサルビア,マリーゴールドについてはプランターに植栽を行いました。

 

 玄関先には「ようこそ、くりこま高原駅へ」と本校の名前が入ったプランター棚を設置し

利用者を迎える準備が完了しました。9月まで設置することから管理も行っていきます。

「花壇植栽」について

 アグリビジネス系列では2月に播種をし,花壇用の苗の栽培管理をしてきました。地域としては市内の多くの学校や企業・団体に花の販売を行ってきました。今年度は,私たちが栽培した花を,生徒はもちろん,来校者の方々にも見ていただきたいと考え,校内の花壇の整備を実施しました。

 

昨年に植栽した葉ボタン・ビオラと雑草を取り除き,土を耕し植栽の準備です。

 

 除草し耕運した花壇に肥料を入れて準備完了,

 中間には越冬したブルーサルビアを残して立体のある花壇設計を考えてみました。

 

 ベコニアを前面に植栽し中間にはブルーサルビア,後ろにはサルビアボンファイヤー

(草丈があるサルビアの品種)それぞれの草花の特徴があらわれる花壇にしたいです。