ブログ

2021年9月の記事一覧

令和3年度 就職試験激励会

 令和3年度就職試験が9月16日より始まります。就職希望者を対象に校長先生より激励の言葉をいただき、試験に向けての対策を発揮することを誓い合いました。昨年度は試験が1ヶ月遅れで解禁査されました。今年度も昨年同様の環境ですが、例年通りの日程で試験が行われます。これまで先生方・友人と試験対策をして準備してきたことを思い出しながらがんばっていこうと,お互いに激励し合いました。

 

 生徒を代表して及川博紀君から力強い言葉と大きな声での宣誓が行われました。

 一人一人が希望した企業に就職できるようにと,及川君の言葉を噛みしめました。

 

試験対策と準備は大丈夫と思っていますが、何か不安。試験に臨む心構えと内定へのアドバイスを進路指導部長 千葉健太郎先生から話をいただきました。当日は高校生らしい態度で,「あいさつ」と「笑顔」を忘れずに,気を引き締めて,がんばってほしいと思います。

第45回全国高等学校総合文化祭

 第45回全国高等学校総合文化祭写真部門 優秀賞(全国6位)

 7月31日から8月6日に「紀の国わかやま総文2021」が開催されました。本校からは県代表として写真部が参加しました。昨年と同様に新型コロナウイルス感染拡大が心配される中で,充分な予防策をとりながらの開催となりました。その様な中,全国から集まった優秀な作品を鑑賞できたことは,今後の活動への大きな刺激となりました。

今年は2年 工藤 花奈さんが 全国総合文化祭写真部門 優秀賞を受賞しました。

 タイトル「呼 吸」

 

 この「呼吸」という作品は,花が生き物として呼吸をしていることを表現しました。私たち人間は普段活動しているため,呼吸をしているイメージがありますが,植物の場合どう表現すれば写真で伝えることができるかを,考え表現した作品です。

全国総合文化祭写真部門には宮城県代表として本校からは下の写真(左から2年 佐藤 里奈さん,工藤 花奈さん,小野寺あゆみさん)が参加しました。全国からの精鋭が集う大会です。多くの作品を鑑賞することで,すばらしい作品に出合え,勉強することができました。また,和歌山県の自然や文化に触れながら,宮城県にない風景を体感でき,和歌山県を写真におさめることで部員にも総文祭や和歌山県のすばらしいところを紹介したいと考えています。

 

 左の作品タイトル「時を織る」 中央の作品タイトル「無題」

 

 「コロナ禍の中,感染対策を徹底した上で開催をしてくださった総文祭事務局・生徒実行委員の方々とあたたかく迎えてくだっさった和歌山県民の皆様に感謝申し上げます。来年度は東京都開催『とうきょう2022』に多くの迫桜生が参加し,活躍できるよう,今後も日々の活動に力を入れていきたいと思います。」